2014年05月02日

腰痛にマッサージ

腰痛の解消法の一つとして、マッサージや整体も有効な手段の1つです。
マッサージや整体を受けると血行が回復し、溜まっていた疲労物質が流されるので、体が軽くなったと感じられます。

ただし、気をつけなくてはならないのは、強く押せばいいというものではありません。
腰の周りの筋肉がほぐれる程度で大丈夫です。
そして、1日のストレスを解消するような、心地よいと感じられるマッサージで、筋肉と心、両方をリラックスさせて
あげるマッサージによって、腰痛予防になります。

マッサージは指や手のひら等で筋肉を擦り、押し、もんだりすることで刺激を与えて、直接的には循環器系に
まず影響を与えます。
それが次に神経にも影響を与え、筋肉や内臓を改善することによって疲労回復に繋がるものです。

腰痛に効果があるのは、まず中臀筋へのマッサージです。
ここは、急性の腰痛の時に強く揉んでも大丈夫な部位で、腰痛の早期治療のためにも必要な部位です。
お尻の脇辺りにあり、手のひらの付け根で押して圧を加えると効果的です。

腰痛で太ももへの神経痛を伴う場合、大腿部(太もも)へのマッサージが腰痛改善のポイントになります。
特に神経痛を感じるのは太ももの裏の部分だと思いますので、坐骨神経痛の痛みを和らげるためには
大腿部に強い刺激を与えると良いです。
その辺りを手のひらの付け根で押してあげることで大腿部への神経痛はおさまります。

腰痛解消の手段としてのマッサージは、効果は一時的なもので、またすぐに元に戻ってしまう、
いわば対症療法です。
ですので、ほぐれた後は、きちんと筋力をつけたり、ストレッチしたり、という自助努力が腰痛を
再発させないためには必要となることを押さえておきながらマッサージを取り入れていって下さい。

また、腰痛のある人にマッサージをしていて何かおかしいなと感じたら、すぐに医師の診察を勧めて下さい。
鈍い腰痛で安静時もずっと痛い、発熱や腹痛を伴う腰痛、重いものを急に持ち上げたり腰を強く捻った等の
急に始まる腰痛の場合は、内臓の炎症や腫瘍等によるものである可能性があります。

マッサージ器 マッサージチェア フットマッサージ
posted by 淳子 at 11:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

足のむくみの原因

足のむくみの原因を知ることにより、その予防をすることができます。もし、むくんでしまった場合でも、効果的なマッサージやツボを刺激することで、ずいぶんと楽になります。足のむくみの原因は一体何なのでしょうか。足のむくみで悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。足のむくみは自分で確認することができます。一つは、ふくらはぎのだるさ。これは大多数の方が経験したことがあると思います。それとふくらはぎに弾力性がなく、ブヨブヨとしていないかどうか。もう一つは足首の少し上を、指で20〜30秒間押さえます。指を離した時に、指の跡がくぼんでしばらく残れば、体がむくんでいると確認できます。
足のむくみの原因には、立ち仕事やデスクワークで同じ姿勢を続けて血流が妨げられる場合の他、運動不足、睡眠不足、冷房、ストレス感、足を締め付ける靴、ヒールの高い靴、血流が妨げられる締め付ける下着なども原因となります。特に、ふくらはぎのむくみは、腰痛が原因になっている場合もあります。
 足のむくみの原因には、黄砂も考えられます。腎臓にも負担をかけるので、下肢静脈瘤が進行して、足のむくみも悪化させます。

マッサージ器 マッサージチェア フットマッサージ
posted by 淳子 at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

肩こり解消方法

肩こりって本当に辛いものです。放置しておくと慢性的な頭痛や倦怠感を起こしてしまいます。そして硬くなった筋肉はなかなかほぐすことが難しくなります。そうなる前に早めに対処していきましょう。

今回は、実際に整形外科医のすすめる簡単な肩ストレッチの方法を紹介します。

毎日3分、続けてみましょう。気が付いたら肩が楽になります。

ポイント1: 肩の筋肉をほぐそう

肩コリ解消の第1段階

まずは、肩の筋肉をほぐしましょう。毎日酷使している肩や首の筋肉の疲労からも肩コリはきます。そこで簡単に筋肉をほぐす方法を紹介します。

まず両手で服の肩部分をかるくつまみましょう。右手は右肩、左は左肩を親指と人差し指でつまみます。

そして、そのまま腕を大きく回しましょう。前に1分、後ろに1分。たったこれだけです。

これを毎日継続していきましょう。1か月するころには、「あれ?肩コリ消えてる?楽になった」と実感できるでしょう。

ポイント2: 四十肩にもオススメ

上記方法は筋肉をほぐすので全ての肩コリに有効

年齢を重ねると、筋肉は衰え、肩コリから頭痛、倦怠感など起こしやすいものです。そうなる前に早めからケアしていきましょう。

ちょっと疲れたかなっていう時にも有効的。ぜひ試してみてください。

ポイント3: 両手を上げそれぞれの肘を持つ

今度は首のストレッチもしましょう

両手を上げ、それぞれ反対側の肘を持ちそのまま背伸びをしましょう。これだけでも筋肉をほぐすことができます。

そして首を曲げたり回したり一緒にしていきましょう。肩と首の筋肉がほぐれ楽になります。

おわりに

絶対してはいけないこと

それは首前面のマッサージです。首の動脈はそのまま頭に繋がっています。

首の血管の動脈硬化を起こしていたらマッサージをすることで、塊を脳内へ運び脳梗塞の原因になります。

年齢を重ねると動脈硬化は進むもの。絶対禁止なので気をつけてください。周囲の筋肉をほぐすことで自然と血流がよくなり楽になれますので、実施してみてください。

マッサージ器 マッサージチェア フットマッサージ 通販
posted by 淳子 at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。